ことりのかけら

発見したこと気づいたことを発信中~帰国生・凸凹発達の教育情報も~

観覧当選!探偵ナイトスクープ(忘れる前にメモ・観覧感想)


スポンサードリンク

朝日放送の「探偵ナイトスクープ」の観覧にいってきました。

ウェブサイトによると当選確率は10倍。当選できたことが嬉しいです。 

応募した理由は、関東在住の娘が行きたがっていたから。しかし、早く当たりすぎて、観覧日にはまだ大学の授業がありました。娘、残念。

応募方法は、「ハガキ」または「メールフォーム」で応募。私はメールで応募しました。当選の選び方は、ランダム?なにか法則がある?そこは、わかりません。とにかく、メールフォームの「番組に一言」の欄には、たくさん記入しました。

しばらくして、電話がかかってきました。「観覧します」と伝えると当選ハガキが送られてきます。ハガキが送られてくるのは収録日の約1週間前。(申込者ともう一人が観覧できます。当選ハガキを他人に譲ることはできません。)

当日、夕方ごろから収録でした。まず、テレビ局の建物の外側で、ハガキと引き換えにシール(服に貼る)をもらい番号順に並びます。

f:id:korasophie:20170822223807j:plain

収録現場に行く前に、自分の番号の場所に座って待ちます。番号はあらかじめ決まっているようです。(当日の受付順に番号をもらうのでははく、番号は最初から割り振られていました。)

f:id:korasophie:20170822223855j:plain

このテレビ局の建物横の階段に座って、誘導されるのを待ちます。

観覧者の年齢層は幅広く、若い子もいれば年配の方も。当選ハガキ一枚で2名観覧できるので、ほとんどの人がペアで来ています。

以前「明石家電視台」を観覧した時は、若者が大多数だったので、年齢層の違いを感じました。(昔、「笑っていいとも」を観覧した時は、ほぼ全員若者でした。)

ここに座っている時点で、携帯電話はオフにするように指示があります。

その後、係の人に誘導されて、社屋に入っていきます。

スタジオは、すぐ近く。誘導される順番で席が決まります。 順番に座ることになるのですが、係の人の指示に従って座るので、前の方になるのか、後ろになるのかは、その時にならないとわかりません。 できれば、前の方が見やすいですね。 残念ながら私は後ろの方に座りました。

実は、出来れば端に座りたかったんです。理由は、探偵さんたちが入場した時に、橋本探偵(銀シャリ)とハイタッチできたから。端に座っている観覧者に走りながらハイタッチをしてくれていました。(毎回してくれるのかはわかりません)

番組観覧をして楽しいことの一つが、裏方さんたちを見ることができること。てきぱきと動いているところを見るとすごいなと思います。 

それから、もう一つ。前説さんが見られること。若手の芸人さんが、観覧者を盛り上げてくれます。今回は、マルセイユさんでした。

探偵局長さん、探偵さん、顧問さんが拍手の中入場すると、番組が始まります。あとは、いつもテレビで見ている通り。 2本撮りなので、夕方から夜まで収録です。

途中で休憩が入ります。 探偵さんたちが衣装を着替えてきて、2本目を撮ります。

あっという間に、収録が終わります。

帰り際に、欲しかったお土産、クリアファイルをいただきました。

f:id:korasophie:20170822233312j:plain

収録中に石田探偵が、『観覧者と探偵さんたち』をスマホ撮影していたのを思い出したので、インスタを調べてみたら、アップされていました。(観覧車は顔の判別はできないくらい小さいですけどね)

普段は観ることのできない世界をみられて、楽しいひと時でした。

※観覧は16歳からできるようです。(18歳までは、保護者の承諾が必要)

korasophie.hatenablog.com

korasophie.hatenablog.com

korasophie.hatenablog.com