ことりのかけら

発見したこと気づいたことを発信中~帰国生・凸凹発達の教育情報も~

小学1年生の文字学習の思い出


スポンサードリンク

今日も昨日に引き続いて、娘にネタを提供してもらうことにします。

九九の覚え方が、あまりに奇想天外で私をズッコケさせた彼女ですが、その能力は算数に限ったことではありません。

九九のびっくりトホホな覚え方~教科の向き不向きを改めて感じた決定的瞬間~ - ことりのかけら

娘は小さなときからかなり個性的でした。 

ご機嫌な日に、ご近所さまに聞こえるような声で愛唱していたのは、「バラエティー生活笑い百科のテーマ」と中島みゆきさんの「地上の星」でしたし、スーパーのレジのおばちゃんとも世間話をし始めるような幼児でした。 

私と夫は、この娘を使って面白いことをしようと、あることを思いつきました。人に名前を聞かれたら、こう答えるように仕込んだのです。

「お名前は?」

「名乗るほどのものではございません。」

どうなったかと申しますと。

難しすぎて、上手くセリフが言えなかったのでした。(涙)

残念でした。(涙)

 そんな娘ですが、今では一変、人前にでるのを好まないタイプです。

 

その娘が、小学1年の時の話です。

学校でひらがな、カタカナ、やさしい漢字を勉強していくのは楽しいようでした。

あの頃は、宿題も楽しそうにしていたものです。

そして、そのころの宿題の様子を写真に撮ったものが残っています。

個性派の娘の提出した宿題がこちらです。

f:id:korasophie:20161112232854j:plain

f:id:korasophie:20161112195006j:plain

正解は、「こねこ」

娘の答えは、「こね子」

娘は、猫に名前を与え親しみやすくしたようです。

11年ぶりに、これを本人に見せてみました。(18歳)

「え!!! 可愛い、私!!!」

以上です。

ここまで、読んでくださりありがとうございました。

korasophie.hatenablog.com

korasophie.hatenablog.com

korasophie.hatenablog.com