ことりのかけら

発見したこと気づいたことを発信中~帰国生・凸凹発達の教育情報も~

予防接種が効かない?はしか流行中~咳であばら骨にヒビまで入った話~


スポンサードリンク

こんにちは。ことりです。

ニュースで、関西空港ではしか(麻疹)にかかった人たちがいると流れていますね。

予防接種をしているのに、どうして感染するのかと思いきや、予防接種は時が経つと効力が弱くなったり、なくなったりするらしいです。

麻疹の予防接種が1回だった期間があり、その人たち(若い世代)が麻疹にかかりやすいそうです。

f:id:korasophie:20160907003957j:plain

予防接種の効力がなくなる。。。これ、実は私も経験しました。

5年前の春。

私は風邪の咳ではない、喘息でもない、肺炎の時に経験した咳でもない、今までに経験したことのない咳が出るようになりました。

もともと、気管支が弱くて、咳が出始めるとなかなか治らない質です。
酷い咳を、何度も何度も経験してきました。
咳に対する忍耐力は高いほうだったんです。

しかし、その時のものは、まったく別物。

コンコンコンコンコンコン、、、(もう出す息がないのに、まだコンコンコンでる、涙でる)
そしてヒュー(吸ってるのにあまり酸素が入ってこない。お願い、酸素ください!)。

これが、しばらく続くのです。
発作が収まると、もうぐったりです。

病院に行くと、「風邪ですね。」
と咳止めを処方されました。

納得がいかず、インターネットで調べて、この咳はもしや百日咳?
再度病院で検査をしてもらいました。

先生曰く、
「結果が出るのに時間がかかります。陽性だとしても、病気が収まってから、
『ああ、あれは百日咳だったんだ』とわかるという種類の検査です。」

「強い咳止めを処方します。でも咳が収まるまでは、100日ほどかかりますよ。」

その間も咳は続き、咳発作であばら骨に強烈な痛みが、、、、。

病院にいくと、
「骨にヒビが入っていますね。胸は、ギブスがはめられませんので、そーっと生活してください。」

え?
え?
え?

ということで、「そーっと生活しました。」

検査結果は、『百日咳』。

やっぱり。

子どものころ決められたとおり、私は予防接種(三種混合)をしていました。
なのに、なぜ?

百日咳の予防接種も、10年位の効力しかないそうです。
大人になってから、再度予防接種(ブースターショット)を受けたほうがよい、のだそうです。

そんなこと、教科書に載ってましたっけ?

予防接種の効力が切れるのは、大人だけではありません。

実は、息子も小学6年の時に、百日咳にかかりました。
咳をする様子をみて、すぐに『百日咳』と確信。

普通に病院に連れていけば、「風邪ですよ」と言われてしまうかも。
それで、発作時の動画を撮りました。

先生「本当だね、これは百日咳だね。」

(夜中に酷い発作だったので、夜間子ども医療電話相談に電話をしました。
そこで、相談員さんに『動画を撮る作戦』を助言してもらったのでした。感謝。)

=============

今回のはしかは、予防接種の期限切れの人たちが危ないのだそうです。。
なんとか、病気にかかる人が増えないうちに収束に向かってほしいものです。

 

(注)※ 百日咳に特有の咳は、赤ちゃんにはでますが、児童や大人には見られないことが多いそうです。我が家の場合は、でましたけど。。。

korasophie.hatenablog.com

korasophie.hatenablog.com

korasophie.hatenablog.com