ことりのかけら

気づいたことや帰国生・凸凹発達の教育情報を発信中。保護犬ピエルの話も時々。

スタディサプリの親報告メール


スポンサードリンク

自分で勉強する。

塾には行きたくない。

こう主張している我が家の中学生。

一人で頑張ってきましたが、最近成績がかなり危うくなっています。やる気スイッチが入っていないので勉強が適当。勉強の効率も仕方も上手とは言えません。

空想の世界に浸る時間の合間に、教科書見るとか、ノートに語句をかき出す……それくらいしかしていないようにみえます。 

中学に入ってすぐは、私が手取り足とり勉強の仕方を教えたり、教科の内容をサポートしたりしていました。環境の変化に適応するのがとても苦手な息子ですので、できないことを減らすことでストレスを減らそうと思っていたから。そして、そうすれば、ちゃんとテストの点数で結果が出るからです。

しかし、そのうちに私の考えが変わっていきました。

「こんなにこうしなさい、ああしなさいって、ずっとこんな風に助けていていいんだろうか?」と不安になってきたんです。 

この先、ずっとこんなことをやっていたら、高校でも大学でも就職後も、いつも助け船をだしていたら……独り立ちできないじゃん。 

特性のある息子の場合、一人で計画してできるようになるということが、学習内容より大切なのではないかとさえ思えます。

塾に通えば、勉強のポイントを教えてもらえるのですが、行く気がない人に無理やり行かせるような経済的余裕はありません。 

それで、代替案を息子と考えてみました。

決定したのは、「勉強をネットでやってみる」

これまで、YouTuberの方が、小中高の勉強をわかりやすく説明している動画をみていたのですが、別のものを導入することにしました。

「スタディサプリ」です。

複数の教育関係の方のブログでよい評価をされていたのを見ていたので、試してみることにしました。 1ヶ月980円で、小学・中学の勉強のかなりの部分のをカバーしてくれています。

なにより、中学生が自分でやれるところと、子どもの勉強の状況がメールで報告されることが気に入りました。

f:id:korasophie:20161214211801j:plain

これなら、毎日私が手取り足取りするわけではないので、自立に少し近づくかな、と思いました。 

結果は、来学期にならないとわかりません。

良い結果が出るといいのですけどね。 見守るのも大変です。