読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことりのかけら

気づいたことや帰国生・凸凹発達の教育情報を発信中。保護犬ピエルの話も時々。

宮尾節子さんの詩 「明日戦争がはじまる」

知ってよかった話 日記

スポンサードリンク

カメキチさんの記事で紹介されていた詩を読み、とても考えさせられました。

宮尾節子さんという方の詩です。

明日戦争がはじまる
まいにち
満員電車に乗って
人を人とも
思わなくなった

インターネットの
掲示板のカキコミで
心を心とも
思わなくなった

虐待死や
自殺のひんぱつに
命を命と
思わなくなった

じゅんび

ばっちりだ

戦争を戦争と
思わなくなるために
いよいよ
明日戦争がはじまる 

iwj.co.jp

詩が世間の人たちに広がっていくうちに「反戦詩」と受け止められるようになったけれど、作者の宮尾さんは「いつの間にか変質していく『こころの怖さ』を書いた」と言われています。

ひとつひとつの小さな大切なことを忘れないように、知らずのうちに、大きな何かに飲み込まれ、何も感じなくなることのないように、日々を過ごしていかなくては、と思います。

カメキチさんの記事はこちらです。

kame710.hatenablog.com