読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことりのかけら

気づいたことや帰国生・凸凹発達の教育情報を発信中。保護犬ピエルの話も時々。

パソコン入力嫌いのあなたへ!~原稿作成が大変なので、SiriとOCRを試した結果を発表します〜

知ってよかった話 日記

スポンサードリンク

多量の入力作業を簡単にできないのか?

私は、子ども関係のある集まりで書記をしています。
元来、役を引き受けるようなタイプではありません。

夜に何度も家を訪ねられ頼まれて、、、Noと言えなかったのです。

f:id:korasophie:20160921004610j:plain

書記の仕事は、主に印刷物のデータ作成。
実は私、パソコンなんて全然詳しくないのですが、引き受けてしまった以上は、仕方がありません。 

毎月、紙に印刷された「文章(A4の紙を5枚)」を、パソコンに入力します。

「USB」とか「メール添付」でもらえるのなら文句は言いません。なぜか紙に印刷されているんです。

どうして、そんなにアナログなのか・・・。

しきたりを変えない人たちのバカ!バカ!バカ!

タイピングは、嫌いではありません。
でも、5枚もやりたくないんです。面倒くさいにもほどがあります。

なんとか楽に仕事を終わらせよう、と知恵を絞ってみました。

 まず考え付いたのが、『Siri』。

f:id:korasophie:20160921003016j:plain

Siriは、iPhoneiPadなどについている機能で、音声入力ができます。

私がすることは、原稿を声を出して読むことのみ。
siri機能が、その音を聞き取って、テキスト化してくれます。

よしよし。これで手入力するよりかなり早く終わりました。

f:id:korasophie:20160921003050j:plain

ただ、問題が。
問題① 漢字変換が上手くいかず、手直しする時間がかかるんです。
(「Google ドキュメント」を使うと間違いが少ないという記事がありました。)

問題② 私の滑舌がわるく、、、(汗)Siriが聞き間違えるんです。

滑舌が悪くては、性能の良い音声入力ソフトを使っても上手くいかないじゃない!!

他に方法はないものか。。。そこで、試したのが、OCRです。

OCRとは文字認識ソフトのことです。

画像データから、文字を読み取ってテキストに変換してくれるのです。

職場に数万円するOCRがあります。でも、そんなもの買ってはいられません。

求めよ、さらば与えられん!

探しました。 ありました。

無料のサービスがあったんです。

f:id:korasophie:20160921003423j:plain

「Online OCR」というものです。

まず、資料をスキャン。(写真でもOKと思います。)

f:id:korasophie:20160921004843j:plain

①画像選択して、②言語「Japanese」を選択、③認証番号をいれてクリック! 

すると、きれいにタイプされた文章が現れます。

f:id:korasophie:20160921003737j:plain

わーい、ありがとう! サンキュー! メルシー! 

 これで毎月、作文を手入力する作業から解放されました。

入力作業で疲れている方がおられましたら、お試しくださいませ。

korasophie.hatenablog.com

korasophie.hatenablog.com