ことりのかけら

気づいたことや帰国生・凸凹発達の教育情報を発信中。保護犬ピエルの話も時々。

人は右、車は左ではないのですか?


スポンサードリンク

子どもの頃、交通事故が多い県に住んでいました。

交通安全! 口を酸っぱくして言われていました。

自転車に乗るときには、中学生でも白いヘルメット。『かぶってなかったらこうなるのです』というビデオを見せられ、怖くてかぶらないという選択肢などありませんでした。

小学校で何回も暗唱させれたフレーズ。

それが、これです。

「人は右。車は左。」

ですから、西日本に住むようになって、街を歩くときに違和感が。。。

自分が人の波に乗れないのです。

人々が、左側通行をしているから。

ある場所だけかと思ったのですが、「どこでも」です。

 

どうして??

あなたたちは、小学校で習わなかったのですか?

「人は右。車は左。』ですよ!!!

 

そう叫ぶ前に、念のため調べてみることにしました。

なぜなら、先日こんなものを見つけたからです。

 f:id:korasophie:20170512104532j:image

そう、調べたところによると

・駅構内では左側通行(が多い)

・昔は、人は左側通行をしていた

ということのようです。

 

あれ、、、、、私が習ったことはなんだったのでしょう?

同じように

「人は右。」って教えられた人、いると思うんですけどね。