ことりのかけら

気づいたことや帰国生・凸凹発達の教育情報を発信中。保護犬ピエルの話も時々。

子どもだけが持つ特殊な能力の存在を考えました。


スポンサードリンク

こんにちは。ことりです。

突然ですが、子供だけが持つ「能力」ってあると思うんです。

f:id:korasophie:20161012202242j:plain

みなさんは、『今はできないけど、子供の時はすごいことができた』ということってありませんか?

私は現在、何の変哲もない普通の主婦ですが、小学校の途中くらいまで、ビデオのような記憶力がありました。テストの時にすることは、たった一つだけ。 頭の中のビデオを再生するのです。

私は「目立つ子ども」という形容とは正反対の「挙手も少ない静かな子ども」でした。しかし、通知表には「なぜかテストの点だけはよい。」と書かれていました。だって、テストの点もなにも、テストでは頭の中のビデオを再生すればいいのです。先生の言ったこと、教科書に書いてあったことを写せばいいのです。「どうしてみんなはテストの時に、頭の中のビデオを再生しないんだろう」と不思議でした。

しかし、良いことはずっとは続きませんね。中学に上がるあたりから、状況が変化し始めました。頭の中のビデオの録画機能が悪くなったんです。授業の内容は覚えようとしないと覚えられなくなりました。勉強をしなけりゃ試験の結果は悪くなりました。気づけば、その力は全くなくなっていました。

最初は「ええ?なんで、覚えていないんだろう。」と戸惑いましたが、今となっては、私にビデオ機能があったことさえ、夢の中の話のように感じます。(家族は、私に内蔵ビデオがあったことさえ信じてくれません。)

数年前、ある人がこう書いているのを偶然ネットで見つけました。(コピーしておけばよかったんですが、参照元を見つけられませんので、記憶で書きます。)

「幼いころビデオのように出来事を記憶できていた人が、成長するとその能力をなくすことがある。すごく簡単にできていたことに努力が必要になるのは、当人にとってはつらいことだ。」

私のことでした。この時、私のような人は他にもいるんだと知りました。

さて、私の話は、これぐらいにしますね。

今日はもっとすごい、5歳の女の子の話を紹介したいと思います。

f:id:korasophie:20161012202315j:plain

探偵ナイトスクープで放映された「クローバーの声が聞こえる女の子」です。

観た方もおられると思います。松本人志さんがお気に入りの回だといったことで話題になりましたね。

この女の子は、ものの30秒くらいで、四葉のクローバーを見つけることができます。声が聞こえるからそこに行くとあるんだそうです。信じられないでしょう? でも、番組をごらんください。観るとそうとしか考えられないんです。 百聞は一見にしかずです。

『四ツ葉のクローバーの声が聞こえる少女!?』 『祖父にだけ大泣きする娘』 『盲導犬と山に登りたい!』 /探偵!ナイトスクープ 2012/7/27放送分 - YouTube

どうでしたか? 興味深いのは、この子のお母さんも子供のころ同じような傾向にあったことですね。お母さんも、子供の時海の中で魚の声を聴いたとおっしゃっていますね。「たいへんだあ、たいへんだあ」とか「プクプク~。プクプク~。」という「声」が。家系とかあるんですかね。

この子の能力はなくならないでほしいなあ、と思います。大人になったらどうなるんでしょう。

淀川キリスト教病院の谷先生が、人間の植物と対話する能力について研究している学者がいるといわれていましたね。研究の成果がでれば、真相がわかるのかもしれませんね。知りたいです。

ここまで、読んでくださりありがとうございました。 

ことり

korasophie.hatenablog.com

korasophie.hatenablog.com