読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことりのかけら

気づいたことや帰国生・凸凹発達の教育情報を発信中。保護犬ピエルの話も時々。

我が子の名前は「くん付け、ちゃん付け」?「呼び捨て」?~うちの○くん、うちの○ちゃん~


スポンサードリンク

f:id:korasophie:20160818213001j:plain

子どもが幼稚園に通っていた時、私が勝手に『Mくん病』と命名した症状があります。

それは、自分の子どもの話をしている時に、話している相手に向かって「うちの○○ちゃんが、、、。」「うちの○○くんが、、、。」と名前のあとに「くん」または「ちゃん」をつける症状です。

 

母親が、子ども本人に向かって「○○くん!」「○○ちゃん!」と呼びかけるのはOKです。 『Mくん病』ではありません。

「くん付け」対「呼び捨て」

 幼稚園のお迎えの後、仲良しになったグループでいつも園庭で遊ばせていました。そこで、Uくんママは、こんな風でした。

「うちのMくんがね、昨日転んでしまって大変だったの。」

名前のうしろに、『くん付け』をしていたのです。

母親のことを「うちの母が」という。父親のことを「うちの父が」という。それと同じように、子どものことは、「うちのタロウが」「うちのハナコが」という風に呼び捨てにするのが、普通でなないのだろうか。 自分のことを話すときは、謙譲語を話すように、自分の身内は呼び捨てで。

 

「うちの○くんが、、、」と聞くと鳥肌が立ってしまうのは、私だけなの?

そう思っていたある日、ついにYくんのお母さんがMくんママに言いました。

 

Yくんママ: あのね。仲良しだから、これからも仲良くしたいから言うんだけど、「うちのMくんが」って言うのって、ちょっとおかしくないかな? 「M」だけでいいんじゃないかな? 我が子のことを話すときは、名前は呼び捨てで。

Mくんママ: え? 呼び捨てするの? かわいい「Mくん」のことを? できないよ。

Yくんママ: Mくんに呼びかけるときは、「Mくん!」って言っていいんだよ。 

他で話してる時に「うちのMくんが」っていうのが、ちょっと違うと思う。

Mくんママ:うーーーん。

Yくんママ:ここで練習してみたら? 「うちのMが」って言ってみて。

Mくんママ:「うちの、、、、、、、Mが、、、あああ、かわいそう、呼び捨てなんて可哀想だよ。。。 無理無理。Mくん、Mくん」

皆: 無言。。。

我が家は転居したので、その後のMくんのことは、よくわかりません。Mくんはスポーツ万能でした。 性格も優しくて面白くていい子でした。 お母さんも楽しいいい人でした。ただ、「うちのMが」と言えさえすれば。。。 これって、私やYくんママが、お堅いのでしょうか。

ちなみに、ここの記事では、ママと記載していますが、私は本当は「ママ」も苦手です。フランス人でもあるまいし、と思ってしまう。 人が使うのはいいですが、自分では使いません。

 

Mくんママが、「うちのMくん」と語っていたように、彼は今でも「ぼくのママが」と言っているのだろうか? ちょっと気になります。

娘の通う高校の男子は、携帯で母親と話すとき、「ママ―」と呼びかけているそうです。

わが娘、「呼び捨て育ち」だからでしょうか? クラスの男子の「ママ―」を聞いただけで背筋がぞっとすると訴えております。 「高校生になって『ママ』って母親を呼ぶ子とは、結婚は考えられません」と。

「うちの○○くん」「うちの○○ちゃん」を聞くと複雑です。

korasophie.hatenablog.com

korasophie.hatenablog.com

korasophie.hatenablog.com