ことりのかけら

発見したこと気づいたことを発信中~帰国生・凸凹発達の教育情報も~

【部下の本音】ホウレンソウ(報告・連絡・相談)なんてしたくない。


スポンサードリンク

f:id:korasophie:20161023020751j:plain

「ことりさん、あなたホウレンソウって知っていますか?」

昔の職場で上司に言われました。

 

知っていますとも、ホウレンソウでしょ? 

ホウコク(報告)・レンラク(連絡)・ソウダン(相談)でしょ。

仕事を進める際で、大事なことなんでしょ。

新人職員がまず教えられること。

 

ホウレンソウって知ってますか?という言葉の裏の意味は、「ちゃんと私に報告・連絡・相談をしてくださいね。あなた一体何をやってるんですか?」です。

 

それまで良い職場に恵まれていた私は、この職場で初めてやりにくさを感じていました。

直属の先輩にホウレンソウするのが、気が重かったのです。

(言えば何か文句を言われたり、小言をいわれるのだろうなあ。。。)

(自分の意見やアイデアを出したら、けなされるのだろうなあ。。。)

(え?そんなことわからないんですか?ってまた言われるのかぁ。。。)

そう思うと、自然に報告も連絡も相談もしづらくなっていったんです。

 

仕事がしづらい職場で言われる言葉、「ホウレンソウ、してくださいね。」気持ちが一気にドヨーーンとします。

 

以前は、わざわざ「ホウレンソウ」とか言われなくても、スムーズに仕事ができていたはず。

状況が変わるとこうなるんだ。

自分自身が動きにくい状況になって思いました。

もしかして、ホウレンソウができないって、できない部下に欠点はあれど、問題は、部下に報告したくないと思わせてる上司にもあるじゃない?

 

こんなこと言ったら、「そんなこと言う前に、お前が仕事きちんとしろ!」と怒られそうですね。 

我慢の子でした。

黙ってもっと仕事を頑張るしかないのかな、と。

 

ある時、一人の社長さんの言葉に衝撃を受けました。

会社が「超ホワイト企業」としてテレビで紹介されていて、ルールの1つが「ホウレンソウ禁止」だったんです。

会社の名前は未来工業。社長は、山田昭男さんでした。

その会社の記事を見つけたので貼りますね。

toyokeizai.net

そもそも、「『ダメな上司』ほど部下を管理したがる」と山田氏は言う。「上司に話すだけで、部下は萎縮する。だからホウレンソウは『管理の始まり』なんや。どれほど奇抜なアイデアも、上司に『バカなことを言ってる場合か!』と叱られたくないから。部下は本音の5分の1も話さなくなる」

一方、中小企業は他社には考えつかない、突拍子もないアイデアこそが生命線。ホウレンソウで社員を萎縮させては本末転倒だから禁止、というわけだ。

 この社長さんのように考える人もいるんだ、と知っただけでホッとしました。

報告しやすい上司と、しにくい上司いますよね、やっぱり。

上に立つ皆さん。

自分自身を振り返っていただけると大変助かります。

報告・連絡・相談をもししてほしければ、どうか「報告したい!」と思わせる上司になってくださいませ。

部下の立場の人たち。

『ダメな上司』ほど部下を管理したがる。

この法則を知ってるだけで、委縮が小さくなりそうな感じがしませんか?

いつか立場が変わるとき、部下の立ち位置を理解できる人にもなりたいものですよね。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。ことり。