読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことりのかけら

気づいたことや帰国生・凸凹発達の教育情報を発信中。保護犬ピエルの話も時々。

小学生のうちに見つけておきたい「英語のみで現れる読み書き障害:ディスレクシア」

凹凸発達 家庭学習 教育情報

スポンサードリンク

f:id:korasophie:20161026200922j:plain

前記事で、読み書きに困難のある子どものためのデイジー教科書を紹介しました。

それは、日本語で勉強するための音声教材でした。「読み」に困難を感じるのも「日本語の読み」でした。

「日本語の読み書きは大丈夫」それなのに、英語になると「読み書きができない、英語が全然わからない」ことに気づく人たちがいます。

この「英語のディスレクシア」についてお伝えしようと思います。

それは、小学校英語の授業の様子をみていても、少し見えてくる気がします。

小学校の英語の授業の中身は?

「楽しんで国際感覚を身につける準備をしましょう。読み書きはしません。聞く話すを中心にします。」これが、コンセプトです。

以前、小学校の『国際コミュニケーション』(という名のほぼ英語クラス)の授業で
お手伝いをしていた時、授業は歌やゲームが中心でした。

歌や音を聞くゲームの落とし穴:苦手な子はどんな子?

『母語が英語の子供たちは、聞く話すから始めるんだから、日本の子供たちも『聞く 話すを中心にしましょう』ということになっています。

学校の授業の内容は、『歌やゲーム中心』になります。

先生が発音した単語のカードを取るゲーム。

歌を聞いて覚える。

『聞く』のが中心です。

まわりのみんなが覚えて楽しそうにしている横で、青ざめ「えーーーと」固まってしまう子がいます。Aくんです。

聞いただけで覚えることが苦手なAくんは、この「小学英語」の「聞く」がとても苦手なんです。文字も教えてもらっていないので、ヒントになる文字もありません。

『聞く話す』に焦点を当てた授業は、実は『聴覚優位』の子に焦点をあてた授業構成となっています。(聴覚優位:耳からの情報で理解がしやすいこと)

聴覚からの情報処理が苦手な子には、つらい授業になる可能性があります。

休み時間にAくんと話をすると、とって賢い子だとわかりました。Aくんが英語を勉強するときは、もっと視覚をつかった方法の方が効果があるはずです。

文字遊びでつまづく子どもたち:注意が必要です。

そして、Aくん正反対の子がいます。Bくんです。
聞いて覚えるゲームの時には、意欲満々だったBくん。この子は、ある時失速するタイプの子です。 その時とは、文字を導入した時です。

『書かない、読まない』といっても、現在の小学校の国際コミュニケーションの教科書には、『アルファベットを学ぼう』という単元があります。

A⇢B⇢C⇢Dと順番に並べよう。

絵の中に隠れているアルファベットを探そう。

まわりの子たちが、すいすいとカードをならべているそばで、ほとほと困っているBくん。『bとd』や 『pとq』の違いが分かりにくそう。
わからないのをみんなに知られたくないので、適当に並べて、そそくさと片付けて「できました!!」って言っています。

Bくんは、文字を扱った作業がとても苦手なのです。

クラスには他にもいろんなタイプの子がいます。こんな場面を見て、40人学級で同時に教えるって本当に難しいと思いました。

大人数でなるべく多くの子に学習の場を与えようと思えば、授業で可能なことは『見たり、聞いたり、触ったり、動いたり』いろんな感覚を総動員させて学習させてくことかな、と思います。

英語を学び始めてわかる「英語のディスレクシア」

Bくんが、当てはまると決まったわけではありませんが、彼のような子供たちは、「英語の読み書き」に困難を抱えている場合があります。注目したいのは、それまで彼らは、日本語での授業にはそれほどの困難がないことです。

日本語に読み書き困難を抱える児童は、5%と言われています。
英語圏のアメリカでは、読み書き困難を抱える児童は、15~20%と言われています。(統計により、数値は異なります。)

これは、言語の違いによるようです。
スペイン語圏では、英語圏より数値が低いようです。

次の表を見てください。『黄色』で示したグループに注目してください。

f:id:korasophie:20161026194742j:plain

6年生まで、学習にとりたてて問題のないように見えた子が、中学で英語を学習し始めた途端、「あれれれれ、わからない、読めない、書けない」となる。それが、黄色に示したところにいる子どもです。

私は、現場にいる時、アルファベットゲームで予想以上に難しそうにしている子、耳からの英語がとっても苦手そうな子がとても気になりました。

私は、「早期英語教育」とかあまり好きではありません。私は、「まずは、母語」派です。

でも、一部の子供たちは「早い時期からの準備」があったほうが後々助かると思います。4,5年生ごろから、英語の授業を受ける準備をした方が良いという先生もいました。

それが、この黄色と赤の部分にいる子たちです。
早期英語教育とかではなくて、英語が必要な時に困らないように、学校の英語の授業に対応できるように、英語学習の準備が必要です。

英語のディスレクシア教育に特化した先生は、現在あまり数がいないと思います。第二言語のディスレクシア支援はは、第一言語のディスレクシア支援とも少し違います。

子どもの特性に合わせて、一番良い方法での支援を探っていくことが必要になると思います。

korasophie.hatenablog.com

korasophie.hatenablog.com