ことりのかけら

発見したこと気づいたことを発信中~帰国生・凸凹発達の教育情報も~

凹凸くんは、『鶏口牛後』どちらが向いているのか~悩む高校進路選択~

f:id:korasophie:20170904182956j:plain

子どもの進学先をどう選ぶのか、という話です。

今の実力より上を目指すか、ランクをさげるか。進学先を選択するとき、迷いますよね。 自身のことではなくて、子ども(中学生のひな介)のことになると、さらに迷います。迷うというより、悩むと言った方がいいでしょうか。 

(親が悩んだってしょうがない、という意見もあると思います。最終決定は、本人にゆだねます。でも、それまでに彼に的確なアドバイスをすることは大切ですよね。対象の子どもが凹凸スペクトラム系だったなら、特に。)

凹凸発達関係の本を読んで、心に残ったことがあります。それは、こんな記述でした。

 

『凹凸くんたち(特にスペクトラム系の子)は、毎日精神的な余裕のある中で過ごすことが最重要課題。例えば、高校進学の際で言うと、2ランク落とすとちょうどよい』

 

この考え方には、賛否あると思います。その本のレビューに内容は納得するけれど、この「2ランク落とす」というところだけ賛成できない、と書いていた人もいました。

凹凸っ子と暮らしてきて、「我が家の場合は、2ランク下げるは当てはまるかも」と感じました。

周りの子に合わせるのに、普通の数倍のエネルギーを使って過ごし、家で疲れ果てているひな介(特に運動もしていないのに)。ひな介が、実力相当、またはギリギリで入れる学校に入って毎日頑張るのは、彼の限界を超えそう。なにくそと頑張って成長するというより、良いところまで消えてしまうような気がします。

学力のレベル、どんなタイプの生徒たちが多いか(アクティブか大人しいか)、どんな学びができるか、先生と生徒の関係、部活動の内容、通学時間、学校の立地環境、進学実績、入試方法の種類など、様々なことを考慮しての進学先選びとなります。

 

「鶏口となるも牛後となるなかれ」という故事成語がありますよね。

(鶏のくちばしとなっても、牛の尻になるべきではないという意味から、大きな集団の中で下にいるよりも、小さな集団でも一番になるほうがいいということ)

最終的に2ランク下げる。じゃあ、2ランク下げてもいいようにランクをあげなければ!頑張れ頑張れ!と、ランクをあげさせる努力を強いるという訳の分からないことさせてしまったりしています。 

でも、これ、本当は目指してることと違うよなあ、、、。ごめん。 

 

『自分で納得できる職につき、人のために何かできることを幸せと感じて生きる』それがしてほしいだけなんですけど。 これって、今の時代、皆が求めているけれど難しいことなのかな。 

マイノリティーであるという特性をもったひな介は、置かれる環境がとても重要です。置く環境を間違うと、故障します。親が最初から石橋をたたきすぎてはいけない、とはわかっているんですが、故障(2次障害)は避けたい。だから、悩むんですよね。安心して、自分に与えられた才を活かしながら頑張れる学校はどこなのか。 

ランクに関しては、「鶏口」なのか「牛後」なのか。ことり家内で意見が分かれています。 自分よりできる子に囲まれた方がやる気になるんじゃないかという意見もあります。 私は、定型の子ならまだしも、凹凸くんには「牛後」は向かないと思うんですけど、どうなんでしょうか。凹凸当事者の先輩にご意見を聞いてみたいです。

 

当人はどう思っているかというと、『選択すること自体が苦手なのに、どれにする、どこにする?と聞かれ続けてつらい』という感じです。 本人なりに思う学校はあるようですので、最終的にには本人が決める、、、そうなるのでしょうけど。

面と向かって話すと、固まりやすいひな介。 外出先からLINEに「今日も頑張ってね~期待してますよ~」と茶化して連絡したら、こんな返事がきました。

f:id:korasophie:20170904180916j:plain

その語彙選択、何歳やねん。。。

 

korasophie.hatenablog.com

「5歳児が値段を決める美術館」の空気がいいと思った。

5歳の男の子の作品が、オンラインで購買できるようになっているサイト「5歳児が値段を決める美術館」があります。

作品はすべて、5歳児さんのもので、値段をつけるのも5歳児さんです。

 f:id:korasophie:20170902144617j:plain

サイトの説明を引用します。

このサイトは、とある1人の子供が4歳から5歳にかけて作ってきた作品の一部を販売する「ECサイト」です。アートにおいて「表現」や「コンセプト」以外にも「値段」は欠かせない要素です。もし5歳児がアーティストを名乗り、自分の作品の「値段」を決めると、どんな世界観になるのでしょうか。

ここでは実際に5歳児自身に「作品名・コメント・値段」を全て決めてもらいました。それ故に日本円では支払うことのできない「19千億円」などの単位も生まれてしまいました。作品は全て販売していますが、払えない値段のものは、支払いが不可能なため実際に購入をすることはできません。他にも数兆円など現実的には買えない値段もありますが、実際に販売はしております。

https://five.blue-puddle.com/

 f:id:korasophie:20170902142104j:image

f:id:korasophie:20170902142050j:plain

値段を付ける場面が、動画で配信されていたのですが、とても自然で、子どもの子供らしさを尊重している空気が伝わっていて、いいなあ、と思いました。

サイト作成は、お父さんのアートディレクター(佐藤ねじさん)です。値段付けの時に、こどものいう通りに入力しているところで、目をくぎ付けにされました。

こんな風に自分の子どもの作品や言葉を大事にしている。ここが、普通と違う。素晴らしいと思いました。こうやって育てた子は、自分らしさを大切にして育っていくんでしょうね。

うちの子どもたち、ごめん。(ことり:そっと子どもたちの作品を破棄した過去あり。)

f:id:korasophie:20170902142026j:image

f:id:korasophie:20170902142036j:plain

子どもの集中が続かないので、サイトに載っている作品に値段をつけられるのは、1日に4つくらいだそうです。そういう、時間の流れも自然でいいですよね。 動画の中に、「11ぴきのねこ」の作品があり、5歳児さんが一匹1000えんだから、「じゅういち千円」っといった場面があり、とても微笑ましかったです。

(私なら、なだめたりすかしたりして、なるべく1日にできる数を増やしてしまいそう、そして、子どもたちが嫌になって飽きてしまいそう。そうなるとわかっていてもやってしまいそう。)

とうにかくすごいな、と思ったサイトでした。

 

korasophie.hatenablog.com

korasophie.hatenablog.com

エスカレーターでは、どうしたらいのか迷います。

f:id:korasophie:20170901093006j:image

エスカレーターに乗るとき、悩むところです。

 

最近エスカレーターは、両方に乗るように設計されているから、片側に寄って乗ったり、片側を人が登ったり下りたりするのは危険、と聞きます。

私の住んでいる地域は、右側に人々が乗ります。急いでいる人は左側を動きます。

隣の県にいくと、それが真逆になります。急いでいる人が右側を動きます。

アナウンスや、看板なので注意があっても、みなさんこれまでのままなんですよね。

f:id:korasophie:20170901092011j:plain

通行をふさぐように立っていると、「どけ!」とばかりに嫌な顔をされるときもあると思います。

 

共通の理解(こういう時は、こうしましょう)があると、ドキドキしなくてすむんだけどなあ、と思いながら乗っています。

 

korasophie.hatenablog.com

korasophie.hatenablog.com