ことりのかけら

気づいたことや帰国生・凸凹発達の教育情報を発信中。保護犬ピエルの話も時々。

ミス愛知が帰ってくる!~恩師の思いを伝えたい「青い目の人形と答礼人形、里帰り展」~

先日、恩師のN先生が亡くなりました。人との出会いとは、不思議なもので、「あの時この人に出会わなかったら自分はどうしていたのだろう」という出会いがありますよね。 私にとって、N先生とはそういう方です。

お世話になったにも関わらず感謝の気持ちも伝えきれていないような教え子ですが、私にできることは何かと考えました。ブログに書いて、みなさんにお伝えしようと思います。

ご家族は、「7月下旬まで頑張って欲しい!!」と切望されていました。 なぜなら『平和の大切さ』を教えてきた先生が楽しみにされていたことがあったからです。先生が関わってこられた「青い目の人形と答礼人形 里帰り展」です。

戦争中に友好の証として贈られた人形たちが処分されていく中、守られて現在まで残っている人形たちがいます。愛知県からおくられた「ミス愛知」もその中の一体。この夏、故郷に帰ってきます。

f:id:korasophie:20170629233649j:plain

中部・東海地方に在住の皆さん、(その他の方も)、「青い目の人形と答礼人形 里帰り展」に足をお運びいただけると嬉しいです。

都合がつかない方は、展覧会があることを広めていただければ幸いです。

先生がなくなった二日後の新聞記事です。 

(中日新聞 2017年6月21日の記事より)

夏且勝弘さん死去 「青い目の人形」研究

一九二七年に米国から日本に贈られた友情の人形「青い目の人形」の研究者として知られる夏目勝弘さん(愛知県豊川市)が十九日、肺がんのため自宅で亡くなった。七十四歳。豊川市出身。〔中略〕

中学校の英語教諭だった八七年、同県豊橋市の西郷小学校に残されていた青い目の人形を授業で紹介したのをきっかけに、研究を始めた。近年は、愛知県から贈った答礼人形「ミス愛知」が米国で見つかり、国内への里帰りのため奔走してきた。

夏目さんは「排日運動が盛んだった米国と、反発が広がりつつある日本で、民間人が中心となって人形を贈り合った。偉大な行動で、民間外交の金字塔だ。民間のつながりを強めていくことで、平和にも貢献できる」と

話していた。

f:id:korasophie:20170629221341j:plain

すべて入場無料です。

豊川市桜が丘ミュージアム: 2017年7月19日(水)~7月30日(日)

 〒442-0064 愛知県豊川市桜ケ丘町79-2 0533-86-3775 (休館:月曜日)

★岡崎信用金庫資料館: 2017年8月2日(水)~8月13日(日)

 〒444-0038 愛知県岡崎市伝馬通1-58 0564-24-2367 (休館:月曜日)

★一宮市スポーツ文化センター: 2017年8月17日(木)~8月25日(金)

 〒491-0043 愛知県一宮市真清田1-2-30 0584-24-1881 (休館:月曜日)

★名古屋市博物館: 2017年8月30日(水)~9月10日(日)

 〒467-0806 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1(休館:月曜日)

お近くの方は、どうぞ足をお運びください。

「答礼人形を里帰りさせる会」

豊川市桜が丘町79-2 豊川文化協会内 0533-89-7082

詳細は、⇓こちらから

続きを読む

自宅で看取るホームホスピス~家族の一人として~

f:id:korasophie:20170626161713j:plain

病院でなく、自宅で静かな日々を過ごすという選択をした方たちのことをよく報道で耳にしますね。 

個人でそれぞれ、いろいろな考えで決めた選択だと思います。

私の母も、最後は自宅でホームホスピスで過ごしました。 

10年以上前の話です。場所は日本ではなく、海外です。(ですので、今の日本の状況とは違いがあるかとおもいます。)

 

もともと母は、病院というか医療(西洋医療)に懐疑的で、私が幼少のころから病院での治療を信用しないタイプの人でした。

ですので、「絶対に病院で治療は受けたくない」「抗がん剤なんてもってのほか、手術もしない」と言っていました。私たち家族は、またお母さんの病院嫌い話がはじまったと思って聞いていました。その時は、「もし、病気になったら」という仮定のはなしでしたので。

そして、母は命を奪うタイプの病気にかかりました。有名人の方の訃報でもよく目にする病気です。そうなったときも、母の主張は変わりませんでした。母が信じていたのは、代替医療だけでした。

母の調子が悪くなるにつれて、父が何度も「病院に行って治療を受けてほしい」と懇願しましたが結局無理だったようです。

え? 子供はお母さんの心配しないの? 病院に言ってって言わないの?と思いますよね。

実は母は、自分の病気のことを隠していました。亡くなる直前は体力もなくなって動けませんでしたが、それまでは家事もできていました。私たち子どもは、母がかなり悪くなるまで病気のことを知らされていなかったのです。

(家族が病気になったときも病院にいかなかったの?と疑問を持たれるかもしれませんが、 父や私たち子どもが病気になったときには、病院にかかっています。)

先ほど書いたように、両親は海外で生活していました。私は、日本に日本に住んでいました。弟妹も、実家に帰るのに数時間かかる場所で生活していました。

 

闘病生活の中で2度ほど入院をしたことがあるのですが、どちらも「状況的に有無を言わせずそうなってしまった」場合のみでした。具体的には、母の様子をみて父が思わず救急車を呼んでしまった、とかそういう類の状況です。 

入院中しても母は「はやく退院させてください」と言い続け、治療途中で帰宅しています。

 

先ほど2度入院したと書きましたが、その2回目の時に、病院から「ホームホスピス」を紹介されたのです。 医療関係者が、母がもう長くないと知ったからでしょう。

ちょうど、父と二人での自宅での生活も大変になってきたときだったらしく、母はホームホスピスを受け入れました。 この時、家には両親のみが住んでいました。

週に数回、スタッフ(ほとんどは看護婦さん)が母を診に来てくれました。処置をしたり、体調をチェックしたり。精神的なサポートとして母にも父にもカウンセラー的な人がついていました。 中心は、「痛みを減らして平穏に過ごせる状態」を作りあげることでした。

スタッフがいない時間はすべて父が介護していましたので、西洋医療の痛み止めを使うことは母の本意ではありませんでしたが、母から痛みがひいて、父は楽になったと思います。

 

 

ある日、ホームホスピスの方からの「もうご家族に連絡した方がいいのでは?」と助言がありました。そして、私もきょうだいも初めて実家がホームホスピスとなった事実をしり、実家に行くことになったのでした。

 

自分の意志で、病院から自宅へ帰った母は、「やっぱり家がいい。よかった家に帰ってこられて。」と何度も言っていました。

父は、最終的に母の望み通りにするのが自分の仕事だ、と考えたようです。

私は、複雑でした。これまで初期に積極的治療をやってきていないことが気にかかりました。でも、すでに末期になっているのだから、それを言い出してもどうにもなりません。 

それでも母は最後まで、「家にいられてよかった。ありがとう。」と言い続けていました。

ホームホスピスの方が、看取るときのことも、あらかじめ父に説明をしていました。いただいた用紙には、「こんな様子があれば、今はこんな時期です」ということが書かれてありました。

ですので、「食べるのが減ってきている」とか「眠る時間が長くなっな」とか「排泄がすくなくなった」とか感じるたびに少し心の準備ができていくという感じだったと思います。

そして、母は自宅で息をひきとりました。

 

これが、私の知るホームホスピスです。

海外での出来事ですし、もう10年以上前の話なので、今の日本のホームホスピスとはいろいろと違うでしょう。

私がわかるのは、母が納得して「家でよかった」と思って亡くなったことと、父が「母の希望通りにしてやれてよかった」と思っていることです。

 

korasophie.hatenablog.com

korasophie.hatenablog.com

「辛い飴がやめられない」ことの理由を調べたら悩ましかった話です。

最近、家族から「度がすぎる」と注意されていることがあります。

飴です。

f:id:korasophie:20170603203422j:plain

飴の舐めすぎ。

というより、飴のかみ砕きすぎ、です。

私が食べすぎる飴は甘ーいものではなく、辛く刺激の強いものに限ります。

私、以前こんな記事(下)を書いていました。

とにかく、辛い美味しい飴を、さがしてさまよっている私。 

korasophie.hatenablog.com

 

はじめのうちは、飴を少しずつ消費していたと記憶しているのですが、いつの頃からか、一袋なんてあっという間になくなってしまうようになりました。

美味しいからなあ。なんてのんきなことを考えていたのですが、「辛いと言ったからって、飴は糖分。 ほどほどにしないといけないな」と思い始めました。

そして、その頃から、

「ホントに、飴食べ過ぎだから、やめなさいっ!!」と家族に言われるようになりました。 

 

「舐めるんじゃなく、噛んでるよ! それは、本来の飴の楽しみ方じゃない!」と。

 

飴がなくなると、そわそわしてしまうんです。「飴がほしい」と心が叫ぶのです。

 

これって、危ないですよね?????

うん、危ない。

依存症かも。 

あめ中毒かも。

 

調べると、やっぱり。 世の中には同じような人たちがいました。

私のようなニッキ飴、しょうが飴依存症は見つけられませんでしたが、ハッカ飴がやめられない、ミントタブレットがやめられない、、、いました。

そして、気になる記述が!!!

これは、異食症の1つかもしれないということ。

異食症とは、氷をかじるのが止まらなかったり、元来食べ物ではないものを食べたりする症状。

そういう症状の人たちの中に、「貧血」(鉄欠乏性貧血)の人がいるとのこと。

実は、私貧血だと病院で言われていて、原因を調べたり貧血の薬をもらったりしているんです。

うーん。 からい飴をガリガリ噛みたくて、一袋をあっという間に食べてしまうのは、

「飴が大好き」ということだけで、簡単に片付けられないかもしれないです。。。

 

korasophie.hatenablog.com